Fishing info.

釣り情報

釣果情報 9月24日~10月6日

9月24日(祝月)

秋の連休の3日目。前日にしっかり「準備運動」したYAMAHA YFR『ORANGE CUBE』です。

この日もしっかりマダイをゲットです。

 

YAMAHA Sea-Style YFR24『シースタイル1号』

チーム「釣りろっこ」のみなさんです。

航路の出口付近から中根・大根にかけてミノートローリングをして、あとは船を止めて皆でジギングする予定で出港しました。大当たりだったようです!

全員安打のシーバス合計9本でした。

全国Sea-Style フィッシングコンテスト「シーバス」部門にエントリーです。

 

YAMAHA YFR『トーコー』

トローリングでサワラです!一番欲しい!釣りたい!魚にキャプテン最高の笑顔でした 😉

サイズは1mを超えてました。

 

9月26日(水)YAMAHA YFR『ティークライム』

奥様孝行の日だったようです♪ 青空と遠くに牡鹿半島、綺麗なシイラが映えますね!

夕日で金色に輝くシーバス!

シーバスの引きを楽しんで頂けたようです。

 

9月29日(土)みなと塩竈ゆめ博「ボート天国2018 塩竈」イベントの日でした。

釣果情報ではありませんが、マリーナ対岸の塩竈港西ふ頭特設会場にて、「ボート天国2018」が開催されました。その様子をご紹介です。土日の2日間行われる予定でしたが、台風24号接近の影響により土曜日のみの開催となりました。

(一社)マリン事業協会加盟のボートメーカー・ボート関連機器メーカー、東北各地の販売店、免許関連団体などが出展しました。

カヌーで御座船を回る体験会や和船に乗って海から見る港の復興見学会、各メーカーニューモデルの試乗会、ボートキャプテン体験などでたくさんのイベントがあり大勢の来場者で賑わいました。

桟橋を出る免許体験艇(教習試験艇)や試乗艇

YAMAHAは4隻、YANMARやSUZUKIマリン、TOYOTAマリン、トーハツのニューモデル試乗艇にも乗れました。

和船で港をゆっくり一周。復興の様子を見学です。

海上保安庁など、海に関係する省庁や団体などのパネル展示もありました。

陸上の展示艇やトレーラーボートの展示

高級外車の展示ブースも

お隣の会場では、海上自衛隊の艦艇の見学会や

陸上自衛隊の装備品の展示、

音楽隊の演奏などたくさんの来場者で賑わいました。

塩竈港ボート天国試乗会は来年も同時期に開催予定です。是非お楽しみに!

 

 

さてさて釣果情報です!

10月3日(水)YAMAHA YFR『ティークライム』

最近マダイ好調なティークライムキャプテンです。

海も静かだったようです。リールを巻いている途中でサメ?に食べられたカナガシラですね。

マダイ好調継続中の亘理沖の釣りです。

これは大根でしょうか。魚探にたくさんの魚の反応が映っています。イナダがたくさん釣れたようです。

 

YAMAHA YFR『Bautista Jr.』

金華山沖の沈船でした。

キャプテンお一人でこれだけの量です!びっくりですね!

 

10月4日(木)

YAMAHA Sea-Style『シースタイル1号』

会員様のスタッフ同行サービスご利用でご一緒させて頂きました。

この強い引きは・・・ ひょっとして・・・赤いやつですか!?

やっぱりそうでした!

こちらも釣れました!ちょっと小さいですが。

キャプテンもホウボウです!

いつも遠方からのご利用、本当にありがとうございます。

 

10月5日(金)YAMAHA YF24『HARUNA』

ラパラミノーをキャスティングです。場所は塩釜港の本船航路を出てすぐのポイントです。

こんなのがいるんですね!かなり大きく、そして太い太い、とても太いサワラです!レッドヘッド(赤白)のラパラでした。

脂が乗っておいしいこと間違いなしですね!

 

10月6日(土)

YAMAHA Sea-Style YF21『シースタイル2号』

松島湾内でもハゼが釣れ始めましたよ!

3人で30匹ほど釣れました。イシモチもいました。場所は桂島周辺です。

 

YAMAHA YFR『OST』

トローリング、タイラバなど、様々な釣りにチャレンジした一日だったようです。

亘理沖でテンヤでヒラメです。

 

YAMAHA YFR『ORANGE CUBE』

亘理沖でタイラバです。キャプテンお一人でこれだけの釣果!

ワラサだけは大型漁礁だったようです。

 

 

大型漁礁の南ではサバも釣れ始めたようです。秋のサバはこれまた美味しいです♪

様々な魚種を楽しめる「味覚の秋」です。台風の動きが気になりますが、週間天気図をチェックして食べたい魚を釣りにGO! ですね。

 

(投稿 山本)

 


コメントは受け付けていません。