Fishing info.

釣り情報

釣果情報 10/8~11 ゆめ博イベント「アマモ干潟作り」 北浜マリンベース「トローリングジギング大会」他

10月8日(日)

北浜マリンベースは、ゆめ博イベントの一つ『アマモの移植と「塩竈ゆめ博海岸」干潟つくり』、くろしおFC「トローリングジギング大会」、BOL北第7戦と3つのイベントが重なりとても賑やかな日となりました。

みなと塩竈ゆめ博イベントの一つ、マリーナの西側に藻場を作ってアマモが育つ環境にするため砂を入れたり、アマモを移植し育てるイベントの様子です。大勢の親子連れに参加頂きました。

塩釜商工会議所 会頭 桑原様のご挨拶

特設桟橋に船で移動、干潟つくりをがんばりました!

みんなでバケツに砂を入れて、干潟つくりです。

たくさんのアマモが育ってくれるといいですね。

マリーナデッキに戻って移植体験、焼きそばの軽食付きです。

アマモを育て海を綺麗に。そして、お魚いっぱいの海に! 来年もこのイベントは続きます。親子で参加して頂いて、海の環境を考える良い機会になればと思います。

 

さて釣果情報です。

YAMAHA YF24『釣友丸』

亘理沖でタイラバ+アオイソメで大きいマダイが出ました。

やはり仙台湾のマダイはアオイソメが好きなようです。北浜マリンベースBig Oneトーナメントエントリーで、暫定1位獲得です!

 

そして、くろしおFC「トローリングジギング大会」です。早朝5時以降の任意出港です。とても静かな朝でした。

釣り大会に参加する船も、そうでない船も、空が明るくなるまでタックル準備です。

東の空が明るくなっていよいよ出港です。

14時マリーナ桟橋着岸・計量近くになると参加艇がぞくぞくと帰港しました。大型漁礁や亘理沖に向かった参加艇が多かったです。

釣り方は自由、チーム(艇)全部の釣果重量を乗船人数で割り、重量を競います。そして大物賞もあります。

ヒラメもいました。

初めて見るフグも!色が綺麗ですね。

ワラサも太ってきて美味しそうですね。

初出場のYAMAHA YFR『ティークライム』。 やはりマダイが絶好調!

苦戦する参加艇が多い中、クーラーボックスはこの状態。。。

クーラーボックスのフタが閉まりませんでした。

気になる賞品はこれです!仙台平野の美味しい「新米」です。

毎年これを楽しみに参加するチームも多いです。1位はなんと、10kg×3 ですよ!

 

≪ 結果発表 ≫ 単位はkg カッコは一人当たりの重量

1位 チーム『ティークライム』 総重量 20.29(10.145)

2位 チーム『トーコー』 総重量 5.70(5.70)

3位 チーム『タミボウ』 総重量3.07 (3.07)

4位 チーム 『海人』 総重量 4.17 (2.085)

5位 チーム『Beat Wave』 総重量 3.73 (1.865)

6位 チーム 『Win One’sⅢ』 総重量4.58 (1.527)

7位 チーム 『TreasureⅢ』 総重量 0.07 (0.035)

TreasureⅢキャプテンはマダイ稚魚とサバ稚魚1尾ずつで計量後即リリースでした。

21日のBGF塩釜大会ではきっと大活躍してくれることと思います! 😆

 

大物賞:単位はkg

1位 チーム『ティークライム』 マダイ 3.52

2位 チーム『トーコー』 マダラ2.30

3位 チーム『WinOne’s Ⅲ』 ワラサ2.00

みなさんおめでとうございました!

対象魚重量1位+大物賞1位で、合計50kgの新米をゲットしたキャプテン・・・

来年も美味しい焼きそば&豚汁を用意してお待ちしております♪

 

10月10日(水)

YAMAHA SR-X EX『千比呂丸』

ご購入頂いた同行サービスと新たに艤装した船舶無線のテストを兼ねてご一緒させて頂きました。

予報より東風が強く、「ちょっと厳しいな・・・」という天候海況でした。同じく新たに国際VHF無線機を艤装したYAMAHA YFR『ティークライム』も一緒でした。

船舶無線は万が一・緊急時の連絡手段はもちろん、海の上での情報収集や他船とのコミュニケーション手段となります。リアルタイムの情報が入りますので釣果アップにつながる大切なツールです。新艇デビュー同時期で日々進化する2隻です!

大型漁礁の南のポイントでマダイを狙いましたが、この日は両艇ともに不発、イナダ多数・ホウボウ・カナガシラ・ヒラメのみでした。

それでもなんとか粘り、帰り道 本船航路の出口付近でサワラをゲットしました! 千比呂丸キャプテン初のサワラに喜んで頂けました。

 

10月11日(木)

YAMAHA FR32『朝日』

エサを使った五目釣りでした。

メバルが大きいので測ってみると・・・

なんと32cm!!

赤いメバルも釣れ始めてます。

 

 

YAMAHA YF24『HARUNA』昨年はマダイをたくさん釣ったHARUNAキャプテンでしたが、この日は今年は5月以来のマダイ釣行でした。

Treasure Ⅲ キャプテンも同乗でした。

お二人でこれだけです!場所は前日に千比呂丸とティークライムが苦戦したまさにそのポイント。。。大型漁礁の南です。

緑のタイラバが良かったようです。

 

10/21(日)にはBGF塩釜大会が開催されます。18日(木)がエントリー締切りです。是非ご参加ください!詳細はこちら。

BGF2018塩釜大会 参加者募集のお知らせ

 

 

(投稿 山本)

BGF2018塩釜大会 参加者募集のお知らせ

主催: BGF in 塩釜実行委員会 (一社)日本マリン事業協会 東北支部

開催日: 10月21日(日)

スタート・ストップ

6:30 スタートフィッシング

12:00 ストップフィッシング

14:00 検量締切・帰着申告締切り

参加申し込み締め切り 10月18日(木)

参加料: 艇(キャプテン含む)5,000円 1名ごと 1,000円

*昨年より値上げとなっております。

*2名以上での参加となります。

天候・海況による中止の決定: 10月20日(土)の決定

参加申込書・大会要項はこちら(PDFファイル)

BGF2018in塩釜大会要綱

釣果報告・出艇報告書はこちら(PDFファイル)

BGF2018in塩釜 釣果報告、出艇申告

 

カテゴリー① ワラサ・ブリ・サバ・ヒラマサ・カンパチ

カテゴリー② マグロ・カツオ・サワラ・シイラ

カテゴリー③ アイナメ・ソイ

カテゴリー④ タイ・ヒラメ

*各カテゴリーごとにチーム単位で2尾の長さの合計を競います。1~3位を表彰します。

*ルアーのみの釣り大会です。餌は使用不可。鯛玉、鯛ラバはオーケーです。

詳しくは大会要項をご覧ください。

 

 

画像は昨年の様子です。朝のスタートフィッシング

釣果にニッコリ♪

検量の様子(くろしお北浜マリンベース桟橋)

 

2017年表彰式(2018年もマリンゲート塩釜にて予定)

今年もたくさんの方の参加をお待ちしております。

カジキ情報 SR-X EX『TreasureⅢ』金華山沖で初カジキを釣り上げる!

9月20日(木)

SE-X EX『TreasureⅢ』が4度目のチャレンジで、ついに『初カジキ』をあげました。

マカジキ 62.0kg

エリア 59-59

金華山沖でファイト中のSR-X EX『TreasureⅢ』

スピニングリールにPE5号(80lb)、ハーネスなしでファイトでした。

取り込んだ後の興奮とホッと一息のキャプテン

 

「カジキフラッグ」を上げて凱旋帰港するSR-X EX『TreasureⅢ』 金華山沖でSR-Xのビッグゲームチャレンジでは初です!

 

水温 24.0℃

ラインクラス 80(PE5号)

ルアー ブラックバート

 

TreasureⅢキャプテンおめでとうございました。

 

 

 

第22回 塩竈カジキ釣り大会 最終結果・ご報告

2018年8月31日~9月2日にかけて行われました『第22回 塩竈カジキ釣り大会』の最終結果詳細をお知らせ致します。

 

 

チーム順位(PDF)

第22回 塩竈カジキ釣り大会チーム順位

入賞結果(PDF)

第22回カジキ釣り大会入賞結果

ヒットコール表(1日目:PDF)

1日目ヒットコール表

ヒットコール表(2日目:PDF)

2日目ヒットコール表

トータルポイント(PDF)

第22回 塩竈カジキ釣り大会 釣果一覧表2日間合算

第22回 塩竈カジキ釣り大会・海感謝祭

8月31日(金)~9月2日(日) 第22回 塩竈カジキ釣り大会

9月2日(日)海感謝祭 が行われました。その時の様子をお知らせいたします。

なお、カジキ釣り大会の詳細な結果については後日ご報告をさせて頂きます。

 

【 釣果 】

(1日目)釣果 27本(キャッチ:11本 T&R:16本 マカジキ25本、クロカジキ2本)

(2日目)釣果29本(キャッチ:12本 T&R:17本 マカジキ29本)

 

昨年は台風の影響により中止となりました。今年も台風の影響が心配されましたが、開催することができました。県外からは9艇がエントリー、マリーナへ一番乗り到着はMerritt46『BAGUS』です。

8月31日(金)キャプテン会議のあとのウェルカムパーティーの様子です。今年も「仙台ベンチャーズ」さんに演奏して頂きました。

あいにくの雨模様でしたがたくさんの料理と歌と演奏で会場は大盛り上がりでした。

普段の景色とは違い、大会中の夜の桟橋は彩り豊かです。

 

9月1日(土)

朝から小雨模様の大会1日目。出港届のあと安全祈願です。

そしてスタートラインに続々と集まる参加各艇です。

6:30AM 本部艇の無線の合図とともに各艇一斉にスタートです。

 

3:30PM~ 釣果のあった艇が続々と帰港し審査計量です

プロカメラマン平間至さんによる釣果撮影です。

時々雨もやみ虹も出ました。

夕暮れ時になっても続々と持ち込まれるカジキ。

 

9月2日(日)大会2日目です。出港前の桟橋の様子です。

今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、空からドローン撮影ができました。

2日目のスタートフィッシング!一斉に走り出しポイントに向かいます。

 

2日目(9/2 日曜日) 大会本部横の特設会場では『海感謝祭』が行われました。

タッチプールで魚に触れたり

ポップコーンコーナーもあり

フランクフルトも好評品切れとなったようです。

塗り絵も頑張りました!

倉敷市の豪雨災害復興支援コーナーです。倉敷市の地場産品を販売させて頂きました。

9月22日に行われる『GAMA ROCK 2018』のコーナーも。

カジキの無料試食コーナーには長い長い行列ができました。

大人気だったキャスティングゲーム。スタッフから簡単なレクチャーを受けて、的にめがけてキャスティング!

巨大カジキレプリカと一緒にステージで、プロカメラマンによる撮影会もありました。

 

たくさんの市民の方のご来場、ありがとうございました。

来年も同時期に開催予定です。宜しくお願い致します。

 

 

第22回 塩竈カジキ釣り大会

The 22th Annal

SHIOGAMA Billfish Tournament

【 第22回 塩竈カジキ釣り大会 】

BOL会員各位様へ 第22回塩竈カジキ釣り大会・塩竈海感謝祭2018開催を案内させて頂きます。

 

今季もいよいよビッグゲームのシーズンを迎え、大会開催準備に入りました。昨年の21回大会は台風接近のため中止となり大変残念な思いでしたが、昨シーズンの金華山海域では、T&Rを含む145本の実績を残すことができました。この魚影の濃いエリアで今季も22回目となる大会を開催させて頂きますことと、同時に海感謝祭を通じて、地域の人々に塩釜港をベースに釣りができることに感謝の意思を表すことができればと企画しております。多くの皆様のエントリーを頂けることと、天候に恵まれることを願い、ここにご案内させて頂きますので何卒宜しくお願い致します。

 

開催要項はこちら(PDFファイル)

開催要項2018

第22回塩竈カジキ釣り大会出場申込書(PDFファイル)

第22回カジキ釣り大会出場申込書

第22回カジキ釣り大会誓約書

第22回カジキ釣り大会誓約書

 

北浜マリンベース 2018年 イベントスケジュール(7月~)

くろしお北浜マリンベース 2018年 イベントスケジュールです。

7月以降分を改定し、BOL関連を記載しております。

(主な変更点は次の通りです)

・BOL関連を記載

・トローリングジギング大会(10月7日へ変更)

・BGF in 塩釜大会(10月21日へ変更)

詳細は下記PDFファイルをご覧下さい。

イベントスケジュール2018(7月~)更新版

 

 

 

 

 

貞山運河・『御舟入堀』利活用への提言

貞山運河全体と 『貞山運河御舟入堀』利活用計画への提言です。

株式会社 くろしお 代表取締役 鈴木 雅博

以下資料(PDFファイル)

1.貞山運河利活用提言

2.提言資料利活用案

3提言資料放置艇

4.提言資料遊びの具体例

5提言資料堀の記憶

公開:2018年2月2日

改訂:2月11日 3提言資料放置艇 の内容を一部削除しました。

3月2日 3提言資料放置艇及び5提言資料堀の記憶 を一部変更しました。

 

Big One (ワンデイトーナメント)結果発表

7月1日(日)に行われました「北浜マリンベースBig Oneトーナメント( ワンデイトーナメント)は、マダイ・ヒラメ・青物の各部門とも平均的によく釣れた結果になりました。

参加18艇(53名)がマダイ・ヒラメ・青物・外道の4つのカテゴリーで、それぞビッグワンを競いました。

朝4時半以降の受付開始、それぞれのチームが狙いを定めたポイントへ出港していきます。

海は穏やか。すっかり夏の日差しの中、塩釜港を滑り出していきます。

大会参加艇以外にも出港艇が多く、桟橋はガラガラ、駐車場はキューキュー満車状態でした。

ポイント着すぐに、チーム「Bautista Jr.」キャプテンからLINEで嬉しい画像が!大きいです!

沖も波は静かそうで、「今日は釣れるぞ~」という雰囲気が漂いました。

13時30分着岸&計量です。昨年は1枚も実績がなかったマダイが続々と検量所へ持ち込まれます。

大きなホウボウ、ワラサもいます。

こちらは昨年ヒラメ部門1位だったYFR『Win One’sⅢ」チームのクーラーボックス。マトウダイもいました。

優勝力士が手に持つような綺麗なマダイですね~。

こちらは外道の部1位獲得のイシガレイです。まるでヒラメみたいな大きさですね!

アイナメもいました。

マダイにクロソイです。

大ベテランキャプテンは大きなホウボウです。

生餌を使ったYF24「Big Wave」チームはヒラメとマゴチです。

ヒラメのプロチーム(?)のYFR「Win One’sⅢ」チームは期待通り大きなヒラメを持ち帰ってくれました。

今年マイボートデビューのYFR「ティークライム」チームもそれぞれ1枚ずつマダイです!

UF29「第八天祐丸」キャプテンはお一人でマダイをしっかりお持ち帰りでした!約3㎏の大きなワラサもいます。

そして、マダイ部門1位を獲得のSR-XX「ROSA」チームの全員マダイです。キャプテンが釣り上げたマダイは6キロを超えてました!

長さは・・・

これぞBig Oneですね♪

 

 

2018年 Big Oneトーナメント(ワンデイトーナメント)  結果発表

 

【 外道の部 】

1位 YFR「ライオン丸11」クルー イシガレイ 1.88㎏

2位 YFR「Bautista Jr.」キャプテン トラフグ 1.81㎏

3位 YF24「Big Wave」 クルー アイナメ 1.45㎏

4位 SF31「Tsubame」キャプテン トラフグ 1.30㎏

5位 FR24「ビートウェーブ」 キャプテン クロソイ 1.07㎏

6位 YFR「Win One’sⅢ」クルー マトウダイ 0.88㎏

 

【 青物の部 】

1位 YFR「ORANGE CUBE」クルー 3.32㎏

2位 UF29「第八天祐丸」キャプテン 2.94㎏

3位 YFR「Win One’sⅢ」キャプテン 2.68㎏

4位 FR24「ビートウェーブ」キャプテン 1.21㎏

5位 YFR「ティークライム」クルー 1.06㎏

6位 YFR「ティークライム」キャプテン 0.96㎏

 

【 ヒラメの部 】

1位 YFR「Win One’sⅢ」クルー 2.50㎏

2位 YFR「Win One’sⅢ」クルー 2.17㎏

3位 YF24「Big Wave」クルー 1.00㎏

4位 YFR「Win One’sⅢ」クルー0.86㎏

5位 YF24「Big Wave」キャプテン 0.72㎏

(6位  釣果無し)

 

【 マダイの部 】

1位 SR-XX「ROSA」キャプテン 6.19㎏

2位 YFR「Bautista Jr.」キャプテン 4.66㎏

3位 YFR「ティークライム」クルー 4.31㎏

4位 YFR「ティークライム」キャプテン 4.16㎏

5位 SR-XX「ROSA」クルー 4.12㎏

6位 UF29「第八天祐丸」キャプテン 3.24㎏

 

気になる賞品はこちらでした。

地元塩竈の浦戸諸島、がんばる浦戸の母ちゃん会プロデュース「島のおすそわけ さぁたべさいん」セットです。

浦戸諸島は桂島、野々島、寒風沢島、朴島の4つの有人島で構成され、のり・かき・わかめなどの名産地です。そんな豊かな海で生まれた海産物を、浦戸のお母さんたちが一つ一つ手掛けた商品です。

また、参加者全員に参加賞として「がんばる浦戸の母ちゃん会」の焼海苔です。

この海苔、実はかなり高ランクの海苔なんです♪ 食べた人には違いがわかるかも。

 

【お問い合わせ・ご注文はこちら】

合同会社 がんばる浦戸の母ちゃん会

宮城県塩竈市浦戸桂島字庵寺30番地3

TEL 070-2013-2065 090-6251-0357

 

 

Big Oneトーナメント(ワンデイトーナメント)は来年も同時期に開催予定です。お楽しみに!

また、12月9日まで(半年トーナメント)も開催中です。マダイ・ヒラメ・青物の大物を釣った方は是非エントリーをお願い致します♪

 

 

 

(投稿  山本)

Big Oneトーナメント(半年トーナメント)のお知らせ ~12/9まで

北浜マリンベース Big One の半年間のトーナメントが6月からスタートです。

対象魚は、マダイ・ヒラメ・青物(ブリ系)です。

昨年はたくさんのエントリーありがとうございました。今年から対象魚に青物(ブリ系)が加わりました。

実施要項は昨年同様です。北浜マリンベース保管艇のオーナー及びクルー、YAMAHA Sea-Styleレンタルご利用の会員様及びクルーの方がエントリーの対象となります。

釣れたらマリーナスタッフが計量(長さを測ります)、撮影します。

*エントリーは無料ですが、ホームページ・マリーナ構内に写真の掲載・掲示可能な方が対象です。*

マダイと青物は叉寸(尾の「く」の字の部分)での計測です。

 

現在のエントリー状況です。

マダイの部(1エントリー)

YAMAHA YF24『HARUNA』

 

ヒラメの部(2エントリー)

YAMAHA YFR『OST』

YAMAHA YFR『Tet’s One』

 

青物(ブリ系)の部(3エントリー)

YAMAHA YFR『Bautista Jr.』

YAMAHA Sea-Style『シースタイル1号』

YAMAHA Sea-Style『シースタイル1号』

 

 

こちらは昨年1位のご紹介です。

2017年マダイの部 1位

YAMAHA SR-X『Fun-Tom』 72.3cm(叉寸)

2017ヒラメの部 1位

YAMAHA EXLUT38『Rare』 97.0cm

 

今年もみなさまのたくさんのエントリーをお待ちしております。

 

スタッフが見当たらない場合やスタッフがいない時間や火曜日などは、クラブハウス入り口に専用スケールとエントリー票があります。撮影後にスケールは元に戻してください。エントリー票はフロント入り口郵便受けに投函下さい。

デッキルーム横とメイン桟橋スロープ付近に、暫定順位(途中経過)を掲示致します。

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にスタッフにお声がけください。

 

 

(投稿 山本)

3/15 17日 釣果情報 ボートショーご報告

3月8日から11日まで、横浜で開催されたジャパンインターナショナルボートショーの様子です。くろしおもシースタイル東北ブースのマリーナとして出展いたしました。

「行きたかったけれど行けなかった!」という方のためにチラリとお見せいたします。

普段はマリンゲート塩釜に展示されているマカジキとクロカジキのモニュメントも横浜出張です!

そして、YAMAHAブース

左から SR330 SR320FB EXLUT36

ブースの奥には船外機、フィッシングボート、スポーツボート、ジェットボートなども展示されておりました。

こちらは、モーターショーにも出展されたYAMAHAコンセプトビークル。リアにジェット2台積載されています。注目度が高かったです。

YANMARさんのブースです。サスペンションボートなど、革新的なボートが興味深かったです!

SUZUKIさんのブースです。黒と白のコントラストと船外機がよく映えていました。

TOYOTAさんのブースです。コンセプトボートのLEXUSが大きな存在感を出していました。左のLC500と比較するとその大きさがわかります。

デッキやキャビン内も見学でき、期間中長蛇の列が絶えませんでした。

HONDAマリンさんのブースです。

TOHATSUさんのブースです。

一般来場者の入場前に撮影したので人がいないように見えますが、どのブースも来場者でいっぱいでした!入場者数は昨年を超えました。

遠方から来て頂いたお客様もたくさんおりました。本当にありがとうございました!

 

さて釣果です!

3月15日(木)YAMAHA YF21『シースタイル2号』

会員様実は私と同じ日に免許の講習を受け、同じ日に免許を取得した長いお付き合いの方です。いろいろ工夫してのタラ狙いでした。場所は石巻沖の漁礁です。

テンヤにワーム!そして、タイラバにもワーム!

ジャーン。結果もでました!

またのご利用をお待ちしております♪

 

こちらはYAMAHA UF29『天祐丸』

「今日はあまり釣れなかったなぁ~」と渋い表情でしたが、これだけ釣ってます。しかもお一人で!

クロソイと変わらないサイズの大メバルにビックリです。

船をバックに♪

 

3月17日(土) YAMAHA YF21『シースタイル2号』

北関東からの常連会員様です。遠方からのご利用いつもありがとうございます! 収まる予報の風でしたがなかなか収まらず苦戦したようです。それでもクルーみなさんでニッコリ。目的のカレイもたくさん釣れて安心しました。

なによりも無事に帰港して頂いてホッとしました。

 

 

(投稿 山本)

1号ブイ撤去情報 ( 灯浮標設置情報 )

先日 沖ノ高根(中根の東側)浮標と大根灯浮標のご案内を致しましたが、これの設置に伴い塩釜港1号ブイ(安全水域灯浮標:赤白)が撤去となりましたのでお知らせ致します。

 

また、洞掛根浮標(現在は黄色と黒の標体)も、右舷灯浮標(赤)に変更になる予定です。

 

詳細は、宮城海上保安部のホームページをご覧下さい。

・2月23日の灯浮標の設置と撤去(PDF)

http://www.kaiho.mlit.go.jp/02kanku/miyagi/pdf/buihenkou.pdf

・標識位置等変更と馬放島信号所の意味はこちら(PDF)

http://www.kaiho.mlit.go.jp/02kanku/miyagi/pdf/H30JP_sendaishiogama_buoys_change.pdf

*なお、馬放島信号所は500t以上の大型船が対象です。(赤3白3:全船舶入出港禁止を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/3 祝・進水!DFR33『ジャッカル』

東北1号艇のYAMAHA DFR33『ジャッカル』が3月3日進水となりました。おめでとうございます!

ハルデザイン貼り付け前はこんな感じでした。ノーマルのグラフィック

貼り付け後はイメージ一新です!

お祝いのシャンパンです!

大丈夫です。キャプテンに代わり操縦は私がやりました(笑)

艤装はこんな感じです。大型のエアインテーク、SIMRADレーダー

フロントはもちろんリアにもスラスターで横移動がラクラクです。

離着岸だけでなく、スパンカー+FSRでの流し釣りでもその威力を発揮します。

デッキにもオーディオスピーカー

テーブルにはロッドホルダーとカップホルダーです。ルアーやエサ、仕掛けの付け替えなどに腰をかがめずにできるこのテーブルは大変重宝します。

スラスタースイッチはアフトにもあり、GPS魚探のアフトモニターも非常に便利です。スパンカー+FSR(フィッシングサポートリモコン)付きなので、操船だけに専念することなく楽に釣りができます。

内部はこんな感じです。国際VHF無線にグリップの良い大型のステアリング

上部にはエアコンスイッチとオーディオです。GPS魚探とSIMRADのモニターは前方の視認性を妨げません。

 

そして取り扱い説明を兼ねた初航海は金華山方面へ。有名バスプロの方と釣りガールのゲストを迎えまして華やかな釣行となりました。

石巻沖の漁礁群や網地島南の沖のポイント、金華山灯台下を巡りましたが、前日の暴風とその前の大雨の影響か濁りが強く… あまり粘らずに金華山沖の沈船でマダラを狙う作戦に変更。

マダラいました!いきなりのビッグサイズ♪

そしてアイドルにもダブルで!

このダブルのマダラを上げるのにリールを200m巻くのはとても大変ですが、なぜか楽しそう!

その後も両舷でワン・ツー♪

プロのカメラマンの撮影で、後日YouTubeにアップされるそうなのでとても楽しみです 😛

 

キャプテンから「この船で今年はカジキを釣る!」の宣言を頂きました!マリーナも全力でフォローさせて頂きます!

進水おめでとうございました♪

 

 

(投稿 山本)

ライフジャケット着用義務施行のスタート(2/1)

以前(2017年5月)にもお知らせ致しましたが、ライフジャケット着用義務化が2/1よりスタートしました。

これまで努力義務であったライフジャケット着用が完全に義務となりました。34年からは違反点数が付加されます。ご注意下さい。

取り締まりが強化される事も十分に考えられます。それ以上に、自身や同乗者の命を守る大切な物です。

安全にボートを楽しむためにもライフジャケットの着用をお願い致します!

 

その他、関係法令改定の主なものはこちらをご覧下さい。

http://www.kuroshiomarine.co.jp/horei.html

 

 

くろしおBig Oneトーナメント2017 結果発表

2017年6月にスタートし、12月3日の締め切りまでのエントリー総数は29件でした。(マダイの部13エントリー、ヒラメ16エントリー)

まずは、マダイの部 ヒラメの部 入賞賞品です!

地元塩釜の美味しい蒲鉾と全員に浦戸のおいしい焼き海苔です。

 

1位~3位の上位入賞者の方にはこの蒲鉾です。

地元塩釜(マリーナ近く!)カネコ橋沼商店さんの美味しい蒲鉾です。

水産庁長官賞を受賞している美味しさです!

 

カネコ橋沼商店さんのホームページはこちらです。

https://www.sasakama.info/

 

 

4位~6位入賞の方はこちらの賞品です!

こちらもまた、塩釜では有名な蒲鉾の水野さんの揚げ蒲鉾セットです。

水野水産さんもマリーナから歩けるほどの距離のご近所様。

ホームページはこちらです。

http://www.mizunosuisan.com/shop/

 

入賞された方全員に塩釜の浦戸の美味しい焼き海苔も付けさせて頂きました。

 

入賞された方には手渡し、または個別に発送させて頂きました。

 

 

 

【マダイの部】

1位 YAMAHA SR-X 『Fun Tom』  72.3cm

2位 YAMAHA YF24 『HARUNA』 63.8cm

3位 YAMAHA YFR24 『Sea wolf』 61.8cm

4位 YAMAHA YF24 『HARUNA』 61.2cm

5位 YAMAHA YF24 『HARUNA』 60.1cm

6位 YAMAHA YF24 『ORANGE CUBE』 59.5cm

6位 YAMAHA YF24 『HARUNA』 59.5cm

6位 YAMAHA SR-X 『HAKUTO』 59.5cm

6位が同サイズで3名となりました。

*マダイのサイズは叉寸(尾のくの字部分)です。

 

【ヒラメの部】

1位 YAMAHA EXLUT38 『Rare』 97.0cm

2位 YAMAHA FR32 『朝日』 93.7cm

3位 YAMAHA YF23F 『スピカ』 92.5cm

DSC_0460

4位 YAMAHA YFR27 『Bautista Jr.』 83.0cm

5位 YAMAHA FR32 『朝日』 77.4cm

6位 YAMAHA FR32 『朝日』 74.7cm

たくさんのエントリーありがとうございました。

来年も同時期で開催いたします!

来年はブリ系青物(ブリワラサ、ヒラマサ、カンパチ)部門も魚種増設予定です。参加条件は今年と同じになる予定です。

高年式・充実装備中古艇YFR27入荷情報!

YAMAHA YFR27 が2隻、中古艇で入荷予定です。

(画像は同型艇です)

高年式で艤装充実のくろしお保管艇であった2隻です。詳細は別途お問合せ下さい。

 

*****

現在リニューアル整備中の中古艇

SC36

UF30 I/B

整備完了後随時情報アップいたします。

*****

 

 

DFR33 入荷しました!

DFR33が入荷しました。ご紹介します♪

DFR36よりも短いですが、それほど小ささは感じさせません。

今回入荷したDFR33は前後にスラスターを完備。

船底形状は走りの良さを感じさせます。そして安心感のあるバウレール。

多い人数でも広々使えそうなスターンデッキ。フィッシングサポートリモコン(FSR)付きです。ルーフを支える左右のレールにはロッドホルダーを連装できそうです。

バウデッキも広々。高いレールもあり3人でキャスティングも出来そうです。

サイドにもレールがあり、荒れた海での移動も安心です。

室内も広々、移動時の疲労を軽減することを考えてのレイアウトとなってます。

キャビン奥のバウバース。横になれます。

カーテンで仕切るとこんな感じです。

広い個室のマリントイレ。

左右のホールド性を高めたドライバーズシートは疲れなさそうですね。ハンドルも滑りにくいです。

サイドも同様のシートです。

マリンエアコンのコントローラーは上部に配置。右横にはオーディオや無線機などを艤装できるスペースがあります。

スラスタースイッチとメーター類です。12V電源が取れるソケットもあります。

ドライバーズシートの後ろにはスイッチ類とマリンエアコンの吹き出し口。

セカンドシートの前方にもエアコンの吹き出し口があります。

ドライバー目線から前方を撮影してみました。GPS魚探やレーダーのモニターから大きく目線をそらすことなく視認性を確保しているレイアウトです。

そしてドライバーズシートから後方目線。天井にはルーフレールもあり、揺れる船内での移動も安心です。

是非一度北浜マリンベースに見に来てください。

 

DFR33の詳細なスペックはこちら。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/dfr-33/spec.html

製品概要・ムービーはこちらをご覧下さい。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/dfr-33/

 

2017年 ビッグゲーム釣果一覧

2017年のビッグゲームもシーズン終了になろうとしております。

今年は台風による影響で塩釜カジキ釣り大会が中止になるなど、天候で出港できない日が数多くあったと思います。

そんな中、今年度トータル145本の釣果を上げることが出来たのは、みなさんの頑張りと技術レベルの向上の賜物だと思います。

来年に向けた研究と、何よりも「安全に」と「楽しむ」ことを考えて来シーズンを迎えるための参考になればと思います。

20171020ビッグゲーム釣果一覧

 

 

 

10月 DFR33 デビュー

DFR33 デビュー! DFRシリーズに33ftが登場。

10月2日発売開始です。

10月28日(土)、29日(日)に 塩釜港西ふ頭にて行われる 『みなと塩竈ゆめ博 塩釜港ボート天国 試乗会』 にDFR33がやってきます!

是非ご来場ください。

 

詳細な情報は下記をご覧下さい。

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2017/0913/dfr-33.html#_ga=2.55181739.1485705955.1505547081-215324614.1505547081

W38 翔英丸 進水!

7/28(金) くろしお北浜マリンベース オリジナル艤装を満載したルアー船『翔英丸』が進水でした。

これまでも数々の大物を釣り上げ実績を積み上げてきたキャプテンの「こうだったらいいのにな」の要望を、くろしおの技術で形にした渾身の1艇となりました。

ハル全周にめぐらされたステンレールは全てオリジナル、特に船上のキャスティングエリアは太めのレールとなっていて安心感アップです。

エンジンは300馬力! ポイントまで一気に走り抜けます。船尾には大型スパンカー装備。流し釣りが可能となり、お客様の釣果アップが期待されます。

ちなみにこれは、今年春先の新艇入荷したての画像です。左隣のYF23EXと比較すると船体の大きさの違いがよくわかります。デッキ上はまだ何もありません。

スパンカーを装備するため、大型のバウブレード&バウスラスターを艤装です。

デッキは広々、さらに船首部分には木材加工のステップです。このステップの中にスラスターのモーターを備えています。

デッキの木工加工も、キャビンのFRP成型も自前のYAMAHAトラスト店「くろしお」の技術です。

もちろんマリントイレも完備です。

キャビン内は背高、広々座れるベンチシート。ドライバー以外に7名着座可能です。

ドライバースシートの頭上には物入れ、天井には大型のエアインテークで通気も良く夏でも涼しいこと間違いなし。全周の視認性も確保、鳥山も見逃しません!

ポットでお湯も沸かせたり、その他様々に活用できる電源も確保。

大型の燃料タンクで長距離航行も安心です。

デッキ中央部には大型イケスも作りました。

今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

進水おめでとうございました!

翔英丸さまのホームページはこちらです。

http://shoueimaru.net/