News Info.

お知らせ

国際VHF無線免許講習開催のお知らせ

第二級海上特殊無線技士養成講習 日程のお知らせです。

(国家試験免除の講習です)

 

2020年 3月25日(水)~26日(木)の2日間

場所:マリンゲート塩釜 または 塩釜商工会議所

料金:45,000円

*講習の2週間前までに、申し込みが終了している条件があります。ご注意下さい。

 

お問合せ・お申し込みはこちらまで

 JEIS東北 (株)日本船舶職員養成協会東北

 TEL 022-290-3091

 宮城県塩竈市港町1-4-1 マリンゲート塩釜208

JEIS東北:無線講習お知らせのホームページはこちら

http://www.jeistohoku.jp/musen/index.html

 

*定員があります。お申し込みはお早めにお願い致します。

 

次の講習は、7月29日(水)~30日(木)の2日間を予定しております。

釣果情報 12月中旬 DFR33『Tamibou Ⅴ』祝☆進水

12月21日 大安吉日 YAMAHA  DFR33『 Tamibou Ⅴ 』 が祝・進水です

UF29からのステップアップです。前後にスタスターが付いて更に小回りが利くようになりました。

これからもますます釣果がアップすることをお祈りいたします。進水おめでとうございます!

 

釣果情報です。

12月14日(土)YAMAHA Sea-Style FAST23『シースタイル2号』

ミンコタi-Pilot講習を兼ねて同行してきました。大根近くでジギングです。

ベイトの反応に小規模鳥山もあり。その後閖上沖の漁礁や大型漁礁を回ったり大漁の予感はあったのですが風があり波も高く苦戦しました。

 

YAMAHA Sea-Style YFR24『シースタイル1号』

大根付近だけで粘りました。テンヤ・タイラバ・メタルジグと試したそうです。

タコも含めて10目達成です。ヒラメ・マゾイ・クロソイ・アイナメ・メバル・カレイ・ヒラメ・ボッケ・マゴチ

特に釣れたのはやっぱりテンヤの仕掛けだったそうです。

 

12月16日(月)休日利用のスタッフ釣行です。

閖上沖でした。水深30m前後ではひたすらマフグ、35m前後ではホウボウ祭りだったので水温の高い沖側へ移動。水深55mで水温14℃弱でした。マダイ狙いでしたがワラサ・イナダでした。

 

12月21日(土)YAMAHA UF33『33恵比寿丸』 夏根の東のポイントです。根が落ちた所をピンポイントで狙いました。

大中小マゾイにアジもいました。

 

 

YAMAHA DFR36FB『EMERALDA』

大根から大型漁礁付近にかけてジギングでした。

黄金色のアイナメが綺麗ですね!サバ大きくなってきました。

 

12月22日(日)

YAMAHA DFR33『Christie』

田代島・網地島・金華山の釣行です。

だ~れもいない場所で反応があったので止まっては竿を下ろして、の繰り返しだったそうです。成功ですね!アジもいましたよ。

 

YAMAHA Sea-Style YFR24『シースタイル1号』 金華山沖沈船のタラ釣りでしたが、惜しくもバラしたそうです。ん~残念ですね!

気持ちを切り替えて金華山周辺から石巻沖漁礁群での釣りに変更して釣れました!

大きなクロソイです。アイナメも釣れました。

ここ数回、天気の巡り合わせが合わずマリーナキャンセルが続いた会員様でした。今回出港できて私もホッとしました。

 

YAMAHA SR-X EX『Treasure Ⅲ』 亘理沖で粘りましたが・・・釣れども釣れども赤い魚だったようです。

 

12月25日(水)風が弱い予報のはずが、結構吹いた一日だったようです。

YAMAHA YFR『ティークライム』大型漁礁で粘りました。i-pilotのスポットロック機能を、OnとOffを繰り返し少しずつポイント移動しながらのカレイ釣りです。

マダイらしき魚もいますね! どーんと大きいのはイシガレイ。53cmありました。

 

YAMAHA SR-X EX『Treasure Ⅲ』 前回のリベンジで、今回は田代前漁礁から大根にかけての行程でした。

マゾイにアイナメ。そして大根の東では

オモック(手作りオモリ付きジグのようなもの)でアイナメ、ジグでイナダ、タイラバでヒラメと手持ちの仕掛けを総動員のキャプテン。苦労が報われましたね!オモックはエサ無しでアイナメが来たそうですよ!

画像はありませんが、YAMAHA YFR24EX『天丸』も大型漁礁でマガレイ大漁だったようです。

 

 

年末年始の天気が気になりますよね。毎日チェックしている方も多いのではないでしょうか。2019年も残すところあと数日です。今年もたくさんの魚が釣れて、たくさんの感動がありました。

2020年もさらにたくさんの方に海のすばらしさ、仙台湾の釣りの楽しさ、ビッグゲームの感動をお届けしたく、スタッフ一同頑張ってまいります。

2020年の釣果情報も宜しくお願い致します。

 

 

( 投稿 山本 )

祝☆進水 DFR33『Bautista Jr』 UF26SD『天祐丸』

11月16日は、大安吉日でした。

 

『Bautista Jr』が生まれ変わりDFR33 『 Bautista Jr 』で祝☆進水です。大きい方(EXULT45)と並べて撮影です。

『Bautistaシリーズ』としては4隻目、隻数を重ねる毎に艤装もどんどん進化しています。今回も便利な艤装・スマートな艤装が盛りだくさんの1隻に仕上がりました。

レーダーと航海計器はFURUNO製、NAVnetタッチパネルです。

YAMAHA GPS魚探YFH09Wと併用。手元にはNAVnetのリモコンも埋め込み艤装です。無線機も埋め込みで前方視界を遮らない配置になっています。

操縦席上方には、右からオーディオ・オートパイロット・エアコンのコントローラーを配置。オートパイロットはFURUNO製NAV Pilot、ジェスチャーコントロールシステムです。

入り口付近の棚を改造して冷蔵庫を埋め込み。

元からここに冷蔵庫があったのでは?と思うほどスッキリとした仕上がりになってます。

キャビン内後方にスピーカーを配置。スピーカーコントローラーも埋め込み。ルーフにはビッグゲームタックル収納可能なロッドキーパーもあります。

バウバースには小物を収納できる棚を新設。

電子レンジと電気ポットを手前に収納。使い勝手が良い配置にしました。

奥の暗い部分はLEDライトで明るくなりました。

外の艤装では、まず電動リール電源がスターンに左右1ヶ所ずつ。

バウにも2ヶ所あります。

アンカーロッカーの中に多連フックを付けました。ロープ類の収納にこれはとても便利です。

外側のデッキスピーカーはLEDライトでおしゃれに光ります。

スピーカーのほか、ブルワーク内側に電飾・水中ライトも艤装なので、後日夜のライティング姿もご紹介いたします。

キャビンへのエントランス左側に、魚さばき用のテーブルを設置。

収納スペースにもこだわりました。

くろしおオリジナル艤装が各所にちりばめられた艇に仕上がりました。

 

 

さて、安全祈願・大漁祈願です。

ご祈祷のあとは早速浮かべて

シャンペンシャワーです。

トランサムステップも艤装、カジキの取り込みも楽にできそうです。

ショートクルージングに出港しました。

進水おめでとうございました。今後もたくさんの思い出と大漁をお祈り致します。

 

この日は大安吉日ということもあり、『 第八天祐丸 』がUF26SD『 天祐丸 』に生まれ変わりました。

新たに i-Pilot を装備し、今後の釣果アップは間違いなさそうです。

天祐丸さんも進水おめでとうございます。今度の赤メバルトーナメントではきっとこれまで以上の結果を出すのではないでしょうか!

今後とも素晴らしい釣果を期待しております。

 

 

 

YAMAHA DFR36FB『 EMERALDA 』祝☆進水

YAMAHA DFR36FB『EMERALDA』の進水式の様子です。

VOLVO D-8エンジンを搭載、内装をリニューアルするなどマイナーチェンジ後の全国1号艇です。

Team富士フィッシングクラブのみなさんです。テープカットのデコレーションをさせて頂きました。

テープカットでにっこり笑顔のキャプテンです。

チームのみなさんで祝杯とシャンペンシャワー

前後にスラスター装備、小回り・機動性が抜群です。

FBのハードオーニングはくろしお北浜マリンベース・オリジナルです。

従来のDFR36シリーズから、エンジンや内装色が変更になるなど改良点が多数あります。

エンジンは VOLVO D8-550 へ変更 パワーアップしました。

D8-550 の詳細はこちら

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/diesel/inboard/d8-550.html

 

進水式の後は取り扱い説明を兼ねた釣行でした。主にGARMIN製GPSプロッターと魚探の操作方法、レーダーのON・OFFなど簡単なことから、多彩な便利な機能の一部を説明しつつ、気持ちは「大物魚」でした!

キャビンの中はVOLVOのグラスコックピットシステム(下の写真:右のモニター)。通常走る際は回転系や水温系、さらに、消費した燃料の量や時間当たりの燃料消費量などのエンジン情報を表示しますが、YFR27EXやYFR24EXのCL7システムと同様にGARMINの振動子が標準装備です。写真左のYAMAHA GPS魚探YFH09W と見比べることが可能です。

これまでご紹介したGARMINのGPS魚探と同様、Quickdrawで詳細な等深線情報をMicroSDカードに記録することも可能です。

タッチパネルなので、海底付近を指2本ですぐに拡大することが出来ます。下の画像は水深9m~22mを表示しています。

 

進水初日からその性能を発揮し釣果を上げました!

後日、カジキ釣果もあげてます。

 

オートパイロット・システムは先にご紹介したDFR33『Christie』と同じ FURUNOの「 NAV pilot 」

1度単位の設定ボタンと10度単位の設定ボタンがあり便利です。

ジェスチャーコントロールモードは、リモコンの「G」ボタンがそれです。実際にやってみました。

正確に操舵されるので、急変針になりすぎぬよう要注意です(それくらい正確です)。慣れるまで速度は落とした方が良いです。

 

そして、GARMINのレーダーシステム「 地図オーバーレイ 」です。

これは塩釜港の中のGPSマップ画像と、レーダー画像を重ね合わせたモニター画面です。

ほぼピッタリでした。これは霧が濃い状況に陥った時に非常に力を発揮すると思います。

 

最新鋭艤装のDFR36『EMERALDA』

今後たくさんの素晴らしい釣果を上げて、楽しいボートライフを送ることを心からお祈り申し上げます。

 

進水おめでとうございました。

YAMAHA DFR33『 Christie 』 祝☆進水

今年進水したDFRをご紹介します。どちらも最新鋭の艤装です。まずはこちら。

YAMAHA DFR33『Christie』

前後にスタスター装備で安心。離着岸もフィッシングにも小回りが利きます。

祈祷にはスタッフも立ち会わせて頂きました。

安全祈願と大漁祈願です。

進水式の後は、ご家族・ご親戚でクルージングへ。

ご報告が遅れましたが、進水は7月でした。既にカジキの釣果もあります。

 

冬場はスパンカーを艤装し流し釣り。フィッシングサポートリモコンを使用し、先日の金華山マダラトーナメントでは1位・2位・5位など素晴らしい結果を出しました。

 

 

広々としたキャビン

入り口にはGPS魚探モニターを装備、オーディオスピーカーと前後スラスタースイッチ。FSR(フィッシングサポートリモコン)で操縦も楽です。

YAMAHAのYFH09WとGARMINのツインモニターです。GARMINのモニターはタッチパネルですが、手元にはリモコンを埋め込み操作性良好です。

YFHとGARMIN 両方ともに魚探表示

GPSプロッター表示

その時々のシーンで必要かつお気に入りの表示組み合わせが可能です。

こちらはGARMINのレーダー単体画面。塩釜港内の様子がはっきりと出ています。

こちらは地図オーバーレイ。特に船首方向の西埠頭岸壁の位置が、地図とほぼピッタリですね。

レーダーだけでも、組み合わせができとても便利。左右で異なる照射範囲の設定も可能です。

コクピット頭上には左からエアコン関係スイッチ、オートパイロット、オーディオのコントローラーを配置。

FUSIONのオーディオはラジオはもちろん、wi-fi対応です。

オートパイロットはこちら、FURUNOの「NAV Pilot」

1度単位・10度単位で方位設定が可能です。実際に使ってみると非常に楽でした。

そしてこのNAV pilotの特徴の一つは、「ジェスチャーコントロール」です。

モードを切り替えると、このリモコンの向きへ方位を変えることが可能。かなり正確に変わるので、慣れるまでは低速での使用をお勧めいたします。

その他、DFR33『Christie』が装備しているのがこちら。

進化したトリムコントロールシステム「 ZIP WAKE 」です。

実際に乗りましたが、ロールや傾きがかなり改善されています。

AUTOモードで充分ですが、もちろんマニュアル設定も出来ます。

最新鋭艤装のDFR33『Christie』

 

今後たくさんの素晴らしい釣果を上げて、楽しいボートライフを送ることを心からお祈り申し上げます。

進水おめでとうございました。

 

 

 

 

 

釣果情報 4/17 18日 カレイ・メバル・マダラ・アイナメ YFR24EX天丸!祝!進水

仙台湾にはたくさんのイワシの群れが入ってきております。

水温はまだ低く、沿岸付近で11℃~12℃代で、大型漁礁付近は9℃代、亘理沖で8℃代です。

イワシの群れを追いかけているのか、たくさんのアシカの群れを見かけます。

 

 

4月17日(水)

YAMAHA YFR『ティークライム』 大型漁礁でカレイを釣って、

その後石巻沖漁礁に移動してメバルでした。赤もまじってます!

 

YAMAHA Sea-Style YFR24『シースタイル1号』 関東方面からの2回目ご利用の会員様です。金華山方面の初チャレンジでした。場所は洞平です。

初めてのマダラの釣果に喜んで頂けました。マダラジギングです。またのご利用をお待ちしております。

その他、シースタイル2号も出港、石巻沖の漁礁でメバルの釣果でした。

 

4月18日(木) YAMAHA YFR24EX『天丸』祝!進水です。

納船取説で同行してきました。GARMINシステム艤装してます。YFR24EXには、GARMINのCL7が標準装備になっており、GPSmap10インチモニターと合わせて、釣りをしているときはこんな表示ができます。

場所は大根付近です。GARMINのクイックドローで大根付近の詳細等深線を描いてみるとこんな感じです。

Newpecの地図よりもさらに詳細な等深線を描き、駆け上がり・下がりの強弱が一目瞭然になります。

こちらは大型漁礁のある漁礁のチャープ画像です。

CL7の表示と比べてみると写り方の違いが良くわかります。

CL7の詳細はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=P6z80hL9-jk

 

で、釣果ですが…

亘理沖のポイントでマダラとアイナメでした。

SR-Xα からのステップアップの天丸キャプテン、今年はマダイをたくさん釣ってくださいね!

 

20日(土)、21日(日)は YAMAHA春の試乗会です。釜の渕マリーナで開催です。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

 

 

( 投稿 山本 )

新艇 SR-X EX 『TEAM BIG-5』祝・進水 i-Pilot・GARMIN製GPS魚探

新艇 SR-X EX 『 TEAM BIG-5 』 めでたく進水しました。

ミンコタの i-Pilotシステム、GARMINのGPSMAP7410XSV + GT15Mの振動子を艤装です。

ChirpとQuick draw (クイックドロー:海底等深線詳細描写)が可能となります。

GPS地図はnew pecです。new pecの詳細はこちら

https://www.newpec.jp/

Chirpというのは、周波数を可変させて連続波を圧縮発射する、という技術です。

Compressed High-Intensity Radiated Pulseの頭文字になります。

ミンコタ製i-Pilotとの組み合わせで、これからどんな釣果になるかとても楽しみでもあります。

 

まずは桟橋で一通り通常の取り扱い説明です。船体・法廷備品・スイッチ類など。

そしてi-Pilotの操作方法と、上げ・下げの練習です。

そして桟橋前での実演です。やや東風が吹く中でも位置をキープするミンコタ製i-Pilot

こちらのGPSMAP画面右上の「0.00kt」に注目です。風に流されず、桟橋の前で完全に停止しています。

実際に少し沖へ出てみました。Quick Drawで中根周辺を描写してみました。

背面は元々あるnew pecの詳細海図ですが、、、

船の両サイド数メートルを「走りながら測深して」描写していきます。すると・・・

上の画像のように突然急激に駆け上がるポイントが現れたりします。これを数回往復し詳細地図を書き込むとこんな風に。

さらに詳細な「根」の様子が見えてきます。右の魚探には時々このような反応も。

今度は場所を波島の南側に移動してみました。この場所は2年前にスタッフ安藤君と休日調査釣行の際に偶然発見した根です。

その時の釣果がこちら。

new pecの海図には起伏はありませんが、描写していくと激しい起伏が現れてきました。書き込んだデータは、SDカードに保存可能、パソコンに保存可能です。仲間内でやり取りしたりGARMINのコミュニティで掲載することも可能です。

 

こうやって、「自分だけの♪」ポイントを探すのも楽しいですよ!そして i-Pilotとの組み合わせで最強になりそうな予感がしました。

 

GARMINのGPSMAPシリーズはこの他にもクリアビューやサイドビュー、リアルビュー3D下方ソナーなど、オプションの振動子との組み合わせで様々な機能を付加出来る優れ物です。GARMINの接続例です。

魚探だけでなくレーダーなどの機器と接続可能で、トータルな運用が可能となります。まさに次世代コクピットシステムと言えます。

 

TEAM BIG-5  進水おめでとうございました。

今後すばらしい釣果とともにご紹介出来たらなと思います。

 

 

( 投稿 山本 )

特選情報 DFR-33のススメ!

~当店特別展示艇のヤマハDFR-33のご紹介です~

ヤマハディーゼルフィッシングボートの最新ラインナップ、DFR-33のBパッケージが当店に展示中。

仕様はBパッケージで、

・エアコン

・陸電

・バウバースカーテン

・右舷サイドロッカー

・カーペット

・バウスラスター

・スタンスラスターが装備済みです。

GPS、魚探、レーダーなどの航海計器はご相談下さい。

オリジナルグラフィック、ガラスフィルムなどの施工、フィッシング艤装など

ご自身だけの特別装備もお任せ下さい。

※実際のオーナー様施工例

北浜マリンベース保管料(年間)

陸 上 ¥421,200-(別途船台製作と出港時の上下架料がかかります。)

係 留 ¥280,800-

今ならマリーナ保管体験3ヵ月無料&マリーナスタッフ同行サービス付

(航海訓練、クルージングスポットのご案内、旬の釣りレクチャーなど)

そしてマイボートでの塩釜・金華山沖のビックゲーム体験(カジキ釣り)を

ご案内させて頂きます。(スタッフ同行 タックル付)

あなたもカジキを狙いにDFR-33で出航しましょう!
(※今年の9月の金華山沖ビックゲーム体験の実際の釣果です!)

参考乗り出し価格

¥25,000,000-

お問合せはこちら!

電話番号 ㈱くろしお 北浜マリンベース 022-365-3220

LINEではこちら!

NEW! YAMAHA YFR27EX YFR24EX が入荷しました

新しくなったYAMAHA YFR27EX と YFR24EX が入荷しました。

マリーナで展示してます。是非見に来てください。

フィッシングに最適なスターンデッキの広さが人気の2隻です。

 

YAMAHA YFR27 EX

ハルグラフィックも大きくなり、「YFR」から「YFR27」と27が付きました。

サイドウォーク

サイドストレージ。サイドウォークの下は長い物を入れる収納スペースになっています。

バウデッキ、そして高さのあるバウレール。

ガンネルには釣り艤装などを考慮したオープンガンネルを採用。埋め込み式ロッドホルダー(用品オプション)などの取り付けを容易にしています。

キャビン内にダンパー付きのドライバーズシートやナビシート、2人分のパッセンジャーシートを配備し、大人4人がゆったりと座れる居住スペースを実現。
また、大容量のフロアハッチ内収納や個室トイレを標準装備、仮眠スペースとして使用できるバウバースなど、フィッシングだけでなく寛ぎの空間も提供します。

ダンパー付きドライバースシート&ナビシート

大人二人が座れるパッセンジャーシート。シートの下は広い物入れスペースとなってます。

 

CL7システム(多機能タッチカラーモニター:標準装備)

CL7は、ヤマハのデジタル技術を応用・発展させた「コマンドリンク」システムで、見やすい7インチ液晶カラーディスプレイを採用。スクリーンタッチによる直感的な操作を可能にしたことで使いやすさを向上しました。操縦席とエンジン間において、操船者に様々なエンジン状態、航走状態、警報や点検メッセージなどの情報を見やすく分かりやすい画面表示で提供します。
さらに、地図ソフトを組み合わせることにより、GPS魚群探知機の表示が可能です。10インチMFD(マルチファンクションディスプレイ)(オプション)を設置すれば、CL7ではエンジン情報を管理し、MFDではGPS魚探を表示することができます。また、従来の振動子はパルス発信(50/200kHz)方式でしたがチャープ発信(80~160kHz)方式により、従来よりもより詳細でクリアな海中情報を得ることができます。さらに、クイックドロー機能(海底地形図作図機能)により、走行した海底の等深線をSDカードに記録することがでるため、自宅のパソコンで釣行の作戦を練ることもできます。
その他多彩な電子機器(オプション)を接続することで、さまざまな情報を表示することができます。これまで複数のメーターやモニターが並んでいた煩雑なダッシュパネルをシンプルにまとめ、電子機器の操作や操船面において快適性と利便性を提供します。

※艇モデルや船外機により一部設定の無い機能がございます。

個室トイレルーム

AC100Vコンセント(工場オプション)

その他 YFR27 EXの詳細はこちらをご覧ください。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/yfr-27ex/

 

 

 

YAMAHA YFR24 EX

デビューから大人気のヤマハフィッシングタイプ24ft艇が YFR24 EXとなって再デビューです。

 

前後のフロアを余すところなく使い切る広々としたフィッシングデッキ。アングラーの視点に立って考えぬかれた釣り機能。
エッジの効いたラインでその能力の高さを瞬時に伝える、切れ味鋭いスタイリングです。

バウデッキと高さのあるバウレール

左舷スライドウィンドウ(工場オプション)

サイドスポンソン

オープンガンネル・ストームレール・埋め込み式ロッドホルダー(オプション)

 

YFR24 EXのインテリア

コンソールは、タッチスクリーン7インチカラーディスプレー「CL7」をビルトインし、アングラー各々の最適なドライビングポジションと良好な視界を確保するためにフロントウインドウ下をGPS魚探やレーダーの設置スペースとし、自由なレイアウトを可能としました。

YFR27 EX同様、多機能タッチカラーモニター:CL7は標準装備です。

10インチモニターも設置可能です。

ドライバースシート。背もたれの高さに注目です。

電動マリントイレ(用品オプション)

 

その他 YFR24 EXの詳細はこちらをご覧ください。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/yfr-24ex/

 

 

 

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

5/26 27日 釣果情報 FAST23北浜マリンベーススペシャル艤装艇『ワコウ丸』進水!

5月17日(木)北浜マリンベースのスペシャル艤装な1隻が進水しました!

YAMAHA 新艇 FAST23『ワコウ丸』

各部にこだわり装備したビッグゲーム仕様の艤装艇です。

サイドの舷が元々高くないため、オリジナルサイドレールを追加。スターンレールも特艤です。

トローリングロッドホルダーも。

ながーいながーいアウトリガーは広げるとこんなイメージです。

ここがカジキを揚げるための通路。オリジナルレール補強で揺れる外洋でも安心です。

その先にはトランサムステップも装備!

物入れの中には55Lの燃料タンク増設で、ロングクルージングも安心です。

アフトにはスパンカー、トローリングの季節は取り外します。

アフトデッキにはバトルステーションを付けました。

操縦席周りは様々な装備が。GPSプロッターにレーダー、ハンディ無線機、磁気コンパス、気圧計も備えてます。

大型のドライバーズシートはダンパー付き。足元にはステップもあります。長時間の操縦も楽々です。

大声が飛び交う?カジキとファイト中でも聞こえるよう無線用の大型のスピーカー。

カディの中にはマリントイレ、フラットにする板を1枚揚げて撮影しました。両サイドの溝は埋めず物入れスペースを確保しました。

レーダー、アンテナ、アウトリカーと青空です♪ 高い位置にロープ類がこれだけあると鳥のフ〇も心配なしですネ。

キャプテンはビッグゲームの大ベテランです。この新艇でたくさん釣果があることをお祈りしています!

 

5月26日(土)

YAMAHA FR23『コンフォート』

マダイ出ました!キャプテンのニッコリ笑顔が素敵です!

ホウボウも大きいですね。

 

YAMAHA YF24『Mother Ocean』

大根周辺でジギングゲームです。

青物も入ってます!一瞬ヒラマサか?と思いましたがイナダでした。

 

5月27日(日)風が弱い予報のためか出港艇がいっぱい!マリーナ駐車場もいっぱいでした。

YAMAHA SR-X『Fun-Tom』 大きなホウボウです。

 

YAMAHA YF27『クリスティⅢ』 大型漁礁周辺でカレイ、大根周辺でサビキでメバルです。

 

YAMAHA YF23『陸王』 大型漁礁周辺でカレイ、ジギングでイナダです。

 

YAMAHA Sea-Style  YFR24『シースタイル1号』 会員様同行で私も海に出ました。

中根周辺もボートがいっぱい。左に波島、遠くに牡鹿半島・金華山が見えてます。

大根もたくさんのボート!今回はカレイがターゲットのため大根は通過です。

快走するDFR FB『ユニテ』。この後伴走しながら同じエリアで釣りを楽しみました。

マリーナ保管艇ではYF24『HARUNA』とYFR24『Sea wolf』も一緒です! HARUNAはマダイ1枚ゲットしました。

マダイがなかなか釣れない船が多い中さすがです!

両艇の後ろにはマダイ・カレイ狙いのボートがたくさんおりました。大型漁礁の南側エリアです。

シースタイル1号はマダイは無しでしたが、初めてのカレイ釣りを楽しんで頂けました。カナガシラとカレイのダブルヒット!少しの船酔いが原因ですか?本日からアオイソメが触れるようになりました!やったー♪ これで怖いものなし!

会員のキャプテンもしっかり釣りました。

2018年のSea-Styleフェスタの開催は6月17日(日)、現在参加者募集中です。カレイの数釣りを体験しましょう♪ という企画です。日本一カレイが釣れる仙台湾を楽しんでみませんか?申し込みはSea-Styleホットラインまでお願いします。(マリーナでは受付できません)詳しくはこちらへ。

https://sea-style.yamaha-motor.co.jp/event/festa_shiogamasendaiwan/

 

(投稿 山本)

 

3/3 祝・進水!DFR33『ジャッカル』

東北1号艇のYAMAHA DFR33『ジャッカル』が3月3日進水となりました。おめでとうございます!

ハルデザイン貼り付け前はこんな感じでした。ノーマルのグラフィック

貼り付け後はイメージ一新です!

お祝いのシャンパンです!

大丈夫です。キャプテンに代わり操縦は私がやりました(笑)

艤装はこんな感じです。大型のエアインテーク、SIMRADレーダー

フロントはもちろんリアにもスラスターで横移動がラクラクです。

離着岸だけでなく、スパンカー+FSRでの流し釣りでもその威力を発揮します。

デッキにもオーディオスピーカー

テーブルにはロッドホルダーとカップホルダーです。ルアーやエサ、仕掛けの付け替えなどに腰をかがめずにできるこのテーブルは大変重宝します。

スラスタースイッチはアフトにもあり、GPS魚探のアフトモニターも非常に便利です。スパンカー+FSR(フィッシングサポートリモコン)付きなので、操船だけに専念することなく楽に釣りができます。

内部はこんな感じです。国際VHF無線にグリップの良い大型のステアリング

上部にはエアコンスイッチとオーディオです。GPS魚探とSIMRADのモニターは前方の視認性を妨げません。

 

そして取り扱い説明を兼ねた初航海は金華山方面へ。有名バスプロの方と釣りガールのゲストを迎えまして華やかな釣行となりました。

石巻沖の漁礁群や網地島南の沖のポイント、金華山灯台下を巡りましたが、前日の暴風とその前の大雨の影響か濁りが強く… あまり粘らずに金華山沖の沈船でマダラを狙う作戦に変更。

マダラいました!いきなりのビッグサイズ♪

そしてアイドルにもダブルで!

このダブルのマダラを上げるのにリールを200m巻くのはとても大変ですが、なぜか楽しそう!

その後も両舷でワン・ツー♪

プロのカメラマンの撮影で、後日YouTubeにアップされるそうなのでとても楽しみです 😛

 

キャプテンから「この船で今年はカジキを釣る!」の宣言を頂きました!マリーナも全力でフォローさせて頂きます!

進水おめでとうございました♪

 

 

(投稿 山本)

DFR33 入荷しました!

DFR33が入荷しました。ご紹介します♪

DFR36よりも短いですが、それほど小ささは感じさせません。

今回入荷したDFR33は前後にスラスターを完備。

船底形状は走りの良さを感じさせます。そして安心感のあるバウレール。

多い人数でも広々使えそうなスターンデッキ。フィッシングサポートリモコン(FSR)付きです。ルーフを支える左右のレールにはロッドホルダーを連装できそうです。

バウデッキも広々。高いレールもあり3人でキャスティングも出来そうです。

サイドにもレールがあり、荒れた海での移動も安心です。

室内も広々、移動時の疲労を軽減することを考えてのレイアウトとなってます。

キャビン奥のバウバース。横になれます。

カーテンで仕切るとこんな感じです。

広い個室のマリントイレ。

左右のホールド性を高めたドライバーズシートは疲れなさそうですね。ハンドルも滑りにくいです。

サイドも同様のシートです。

マリンエアコンのコントローラーは上部に配置。右横にはオーディオや無線機などを艤装できるスペースがあります。

スラスタースイッチとメーター類です。12V電源が取れるソケットもあります。

ドライバーズシートの後ろにはスイッチ類とマリンエアコンの吹き出し口。

セカンドシートの前方にもエアコンの吹き出し口があります。

ドライバー目線から前方を撮影してみました。GPS魚探やレーダーのモニターから大きく目線をそらすことなく視認性を確保しているレイアウトです。

そしてドライバーズシートから後方目線。天井にはルーフレールもあり、揺れる船内での移動も安心です。

是非一度北浜マリンベースに見に来てください。

 

DFR33の詳細なスペックはこちら。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/dfr-33/spec.html

製品概要・ムービーはこちらをご覧下さい。

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/dfr-33/

 

W38 翔英丸 進水!

7/28(金) くろしお北浜マリンベース オリジナル艤装を満載したルアー船『翔英丸』が進水でした。

これまでも数々の大物を釣り上げ実績を積み上げてきたキャプテンの「こうだったらいいのにな」の要望を、くろしおの技術で形にした渾身の1艇となりました。

ハル全周にめぐらされたステンレールは全てオリジナル、特に船上のキャスティングエリアは太めのレールとなっていて安心感アップです。

エンジンは300馬力! ポイントまで一気に走り抜けます。船尾には大型スパンカー装備。流し釣りが可能となり、お客様の釣果アップが期待されます。

ちなみにこれは、今年春先の新艇入荷したての画像です。左隣のYF23EXと比較すると船体の大きさの違いがよくわかります。デッキ上はまだ何もありません。

スパンカーを装備するため、大型のバウブレード&バウスラスターを艤装です。

デッキは広々、さらに船首部分には木材加工のステップです。このステップの中にスラスターのモーターを備えています。

デッキの木工加工も、キャビンのFRP成型も自前のYAMAHAトラスト店「くろしお」の技術です。

もちろんマリントイレも完備です。

キャビン内は背高、広々座れるベンチシート。ドライバー以外に7名着座可能です。

ドライバースシートの頭上には物入れ、天井には大型のエアインテークで通気も良く夏でも涼しいこと間違いなし。全周の視認性も確保、鳥山も見逃しません!

ポットでお湯も沸かせたり、その他様々に活用できる電源も確保。

大型の燃料タンクで長距離航行も安心です。

デッキ中央部には大型イケスも作りました。

今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

進水おめでとうございました!

翔英丸さまのホームページはこちらです。

http://shoueimaru.net/